ウツボのひとりごと。

自由気まま、ズボラなアラサーの雑記ブログ。

参考にならない手帳術

今週のお題「わたしの手帳術」

よく様々な雑誌やネットで『手帳を活用してビジネススキルを上げよう』みたいな記事を見かけますが、その活用術が続くのは、最初の3日が良いところです(苦笑)

私は手帳を使わないし、買っても持ち歩きません。ほぼ白紙のまま、1年経ってしまうことが多いです。

年末にどこかの会社やお店でタダで貰える、あのシンプルなカレンダー。あれに、シフトや予定を書き込みます。
仕事で予定を気にするのは、次の月の希望休を出す時か、シフト変更を打診された時くらいです。
そもそも、手帳に書き込まなきゃいけない程、予定は多くないですから…。

手帳を活用しきれず、付き合いも悪い。
なるほど、いつまで経っても三流なワケです。


さて。

このまま記事を終わらせるのは、おもしろくないので。
以前私がちょっとだけやった、手帳の使い方をご紹介したいと思います。

数年前の私は仕事もプライベートも絶不調で、ただでさえ後ろ向きな考えなのに、ネガティブ思考MAXな状態でした。
そして、スピリチュアル系の雑誌に飛びついたのです。

その雑誌に書いてある記事の中で、自分ができそうだと思ったのが、『手帳に毎日、その日あった良いことを一言日記として書く』というものでした。

『良いこと』は、天気が良かった等、どんな小さな出来事でも良いそうです。
当たり前の小さな幸せに気づけば気づくほど、幸せを引き寄せる体質になるんだとか。
今は、書店などに「幸せの引き寄せ手帳」なるものが置かれるようになりましたが、それと根本は同じでしょうか?

疑心暗鬼になりながらも、100円ショップで買った手帳に、何でもいいから良いことを毎日探して書くようにしました。

飽きっぽい私にしては珍しく、1ヵ月続きました。

でも読み返してみると、「昼食のオムライスがおいしかった」「夕飯のチャーハン上手く作れた」「〇〇さんからお菓子を貰った」だの…食べ物のことばかり。

幸せを引き寄せる日記ではなく、ただのグルメ日記もしくはレコーディングダイエットと化していたのです。

どうしても食べ物の話になってしまうのには、理由があります。

その当時の職場は、最低限のマニュアルさえ守れないお方が複数いたり、遅刻魔・サボリ魔が大量発生したり…毎日イライラしていました。
所詮、仕事で小さな幸せを見つけるのは無理だったのです。

アフターファイブが充実していない私にとって、仕事以外の良い出来事は、やっぱり食べ物が一番選びやすいのです。

一ヶ月続いたグルメ日記…じゃなくて幸せ日記ですが、結局それ以上長続きはしませんでした。

確か、体調が悪くて書かなかった日があったのですが、その日を境にズルズルと日記をサボるようになり、自然消滅しました。

あとは、一ヶ月経っても、幸せを引き寄せているという実感がなかったからでしょうか?
それだけ私のネガティブ思考が根深いのでしょう。

今でも時々「自分は〇〇の面で恵まれているから、幸せなんだ」と自己暗示をかけるようにしていますが…
どうしても自分と他人を比べてしまい、自分の持っているものの少なさを思い知ると、むなしくなります。
「こんなのが本当に幸せなのか?」って。


もっと長く続けていたら、今頃少し違った生き方をしているのでしょうか?
それとも………

霞ヶ浦

今日は、日本で二番目に大きい湖・霞ヶ浦に行って来ました!

都心からのアクセスも良く、上野から土浦まで常磐線快速で約1時間10分程度。

遊覧船乗り場は二ヵ所ありますが、どちらも駅から10分~15分以上かかります。
遊ぶ・体験 ||| 土浦市観光協会

私が今日乗ったのは、ラクスマリーナ(ヨットハーバー内に乗り場がある)の方でした。
ホワイトアイリス号は貸し切りのため、代わりに小型船に乗ることに。眺めは悪くなかったです。
私が撮った写真はイマイチですが…
f:id:utsuboyaki78:20180919160916j:plain

↓奥に小さく見えるのは、筑波山。船長さんによると、筑波山には縁結びの神社があるが、カップルで参拝すると別れてしまうらしい?ホント?
(神社のサイトを見たら、結婚式の受付もしているので、多分都市伝説でしょう。)
f:id:utsuboyaki78:20180919161008j:plain


昼食後はコミュニティバスに乗って、霞ヶ浦総合公園へ行きました。

コミュニティバス。どこで降りても150円。
NPO法人 まちづくり活性化土浦 キララちゃんバス

公園内にはオランダ風車があり、お洒落な感じです。
風車の展望台から見える霞ヶ浦
f:id:utsuboyaki78:20180919162502j:plain


『ストレスを感じた時には水のある所に行くと良い』とよく言いますが…
海と見まごうほど広い湖を見ていると、普段仕事や日常生活で感じる不満など、本当にどうでも良くなります。


時間が許せば、ホテルか旅館に泊まっていきたいところですが、明日は仕事です!

ああ…現実が待っている。帰りたくない(泣)

虫取り大会

昨日は、今年最後の虫取り大会でした。

 

住民達は、当日に村に出現する虫の中で、最高のものを吟味していました。

(2位のトロワさんは、ナナフシで85ポイント!大健闘です)

 

一方村長は、前日に南の島へ渡航し、ヤシの木に止まる珍しい虫たちを乱獲たくさん捕まえてきました。

 

土曜日はいつも仕事が入っていて、優勝はおろか、大会にすら参加できないんです。

それに、来年もこのゲームで遊び続けられる保証はないのですから…なんとしても表彰台に立ちたかったのです。

 

f:id:utsuboyaki78:20180916161608j:plain

私はコーカサスオオカブトで優勝しました。

 

ところで、大会主催者のカメヤマさんに虫を見せると、点数に関わらず虫は返却されません。

時々舌なめずりしているところを見ると…やはり虫たちは、大会終了後カメヤマさんのディナーと化してしまうのでしょうか。

 

仮に、タランチュラやサソリを提出して優勝しても、同じ反応なんですかね?せめて、コレクションとして納めてくれればいいのですが。

コミュ障の転職活動?

販売員ではありませんが、一応サービス業に分類される仕事をしていました。
接客等で働く人の現実が、ようやくニュースで取り上げられるようになったのですね。

headlines.yahoo.co.jp

二つ前の職場は、「お客様のご要望は何でも受け入れる」という風潮の所でした。

稼働率と利益を上げる為に、客の非常識な要望や,明らかな規約違反も目を瞑ることも少なくありませんでした。
…そうそう、お金を全然おとさないのに、ほぼ毎日クレーム(という名の脅迫?)電話ばかりしてきた方もいらっしゃいましたねぇ…。今どうしてるのでしょうか?

客の方も私達の足元を見ているのか、ちょっと気に入らない事があると、「もう来ない」「こんな所もうやめる」と言うのです。そうすれば、たいていのワガママは通るから。
上の人間は、やめられたら稼働率が悪くなるから、客をなだめようとします。
その結果、ルールを守って利用してくださるお客様は、おのずと離れていきます。
そして、残るのは………これ以上は言えません。

毅然と対応しない上司達と,サボり癖がある同僚(それも複数w)に嫌気がさしていたのも相まって、その職場は辞めてしまいました。

そして、次の職場こそは、人と極力接しないで済む仕事に就こうと思いました。


もともと私は、人と接したり話したりすることが元々得意ではないのです。自分がコミュ障じゃないかと思ったこともありました。
でも若かりし頃の私は、社会人たるもの,ある程度のコミュニケーション能力がないとやっていけないんだと、苦手分野に足を踏み入れてしまったのです。

人生の多くの時間は仕事場で過ごすから、ストレスは少しでも減らした方が良いと考えました。
その時に、参考に見たものです↓

communication-disorder.com

この中で、私がなれそうなものは、消去法で派遣のデータ入力?

そう考えていたら、某大手求人サイトに、データ入力の求人が載っていました。
「未経験歓迎!パソコンの基本操作ができればOK」、派遣元の評判も悪くなさそうでした。

ダメ元で応募してみましたが…結論から言うと、本当にダメでした。不採用でした/(^o^)\
採用担当は、「応募者多数のため」と言っていますが、多分それだけじゃないでしょう。

面接の時、タイピングのテストを受けさせられました。おそらく、A判定を出した人しか採用してないと思います。

私のテスト結果?普段パソコンメインの仕事をしていない人間なんて、休日くらいしかパソコンに触りません。
そんな輩のタイピングスキルなんて…。

本当に、完全未経験で採用された方っていたのでしょうか?

あとは、コールセンター勤務NGにチェックを入れたからですかね?
この派遣会社はどうか分かりませんが…他の派遣会社では、はじめは一般事務やデータ入力等の求人で応募させて「今回は不採用でしたが、他にこういうお仕事もありますよ」と、コールセンター勤務をすすめる所もあるらしいし…。

その後、メリット・デメリット・評判…いろいろ調べて考えた結果、派遣のデータ入力は諦めました。


何の因果か、私は現在、再び人と接する仕事をしています。
働かないで済むならそうしたいですが、打出の小槌を持っているわけではないので、そういうワケにもいきません。
理不尽なことはありますが、その時は相手を札束だと思って割り切ることにしています。…ゲス思考ですかね?


人と極力接しないで働くことは、不可能ではないけれど、普通の人より選択肢が少なく,狭き門なんだと感じました。

コミュ障が社会人になるには、体力仕事を選ぶか,突出した専門的スキルを持つか、それかコミュ障を死ぬ気で克服するしかない……と悟りました。

技術の進歩で、今まで人間が行っていた仕事が、AIに取ってかわることがこの先増えていくでしょう。
そしてその時、人間には、感情労働しか残されていないのかもしれません。

そんな時代が来る頃には、もっとサービス業等で働く人達の権利が認められて、働きやすい環境になっていれば良いなと思います。

ボンビー村長、デパートへ行く。

ようやく、わが村にもデパートができました!!

f:id:utsuboyaki78:20180912205943j:plain

 

ホームセンターよりもちょっとだけ品揃えがよくなり、柿やタケノコなど今まで買えなかったものが買えるようになりました。

 

注目すべきは、3Fのグレイシーグレース。

さすがはトップデザイナーのグレース氏、気分がアガるようなお洒落なアイテムが勢揃い!

ただ、問題は……。

f:id:utsuboyaki78:20180912210528j:plain

高級ブランドという設定なので、値段がべらぼうに高いのです。いずれ値引きセールの時期が来るそうですが、半額になったとしても手は出しづらいです。

こんなの、頑張ってマイデザインで作れば、タダで済むわい

お断りしたら、こんなことを言われました↓

f:id:utsuboyaki78:20180912211018j:plain

…よく分かりましたね、わたくしのワードローブ(笑)の100%がファストファッションだって!しかも、そのうちの7割は洗濯機の標準コースで洗える服です。

ユニクロ・GU・しまむら、万歳!

 

本当に豊かな生活というものは、お金をかけて作るものじゃないんです。知恵と工夫でどうにかするんです。

…なんて、強がってみるボンビー村長でした。

まめつぶデパートへの道

今週の、とびだせどうぶつの森

 

ファッションデザイナーのグレース氏が、村へ4回目の視察に来ました。

 f:id:utsuboyaki78:20180909121533j:plain

↑大雨にも関わらず、傘も差さずに何時間も立っていた、世界的トップデザイナーの図。

 

4回目のファッションチェックのテーマは、ファンシーでした。ファンシーなアイテムは種類が多いので、一安心です。ゴージャスって言われたらどうしよう、って思ってたので…。王冠やクイーンのかんむりって、めちゃくちゃ高額なんですもの。

f:id:utsuboyaki78:20180909124510j:plain

無事に、合格判定が出ました!

これで、まめつぶデパートができる条件が満たされました。

 

翌々日、商店街に行くと…↓

f:id:utsuboyaki78:20180909124852j:plain

さっそく改装工事が始まっています。

今更気が付きましたが、近づくと工事の音が聞こえるんですね。さすが、芸が細かいです。

 

明日には、全住民待望のデパートが開店します。

営業時間がホームセンターより短いのが気になりますが、まだ見ぬ家具や服、園芸用品が店に並ぶと思うと、ワクワクします。

リンスインシャンプー

 私の父は、30~40代の頃から、風呂に入らずに寝てしまうことが少なくありませんでした。もちろん現在も、通常運転です。

父の言い分は、「俺は朝風呂派なんだ」だの「人と会う前にはちゃんとシャワー浴びるから問題ない」だの「一日入らなかったくらいで、人は死にやしない」だの…屁理屈ばかり。

そんな父を、子供の時分の私は「汚い、不潔!」などと毎回責め立てていたものでした。

 

 

あれから20数年…。

私は曲がりなりにも社会人となり、精根尽きた状態で帰ってくる日も多々みられるようになりました。

家に帰り椅子に座ると、何もしたくない…いや、しなくちゃいけない事が沢山あると分かっているのに、動けないのです。ひどい時は、夕食を摂ることすら、面倒くさいと感じることもあります。

そんな状態ですから、お風呂に入らなくて済むのなら、このまま寝てしまいたいと思ってしまうのです。

父の気持ちが、ちょっとだけ分かるようになってしまったことに、非常に危機感を覚えております。

 

しかし私の場合、体を洗わずにベッドに入るのは自分のポリシーに反するので、毎日重い腰を上げながら浴室へ向かうのです。

 

ちなみに、洗髪・洗身が終わったら浴槽には入らず、シャワーをサッと浴びて出ることが多いです。

疲れている時こそ、ゆっくり浴槽に浸かった方が良いのは、理論的には十分理解しております。それでも、一分一秒でも早く布団に入りたいのです。

 

私の入浴(シャワー浴?)は、とにかく時短に重きを置いております。

なので、ちょっとでも早く終わるように、洗髪時はリンスインシャンプーを使うことが多いです。一回でシャンプーが済みますもの。

 

だけど、ドラッグストアで普通に売っているリンスインシャンプーでは、アラサーの髪に耐えられなくなってきました。

きしむしパサつくし、翌日髪をセットする時のヘアクリームの消費量が半端ないんです…。

 

というワケで、ソニプラやお洒落な雑貨屋さんで見かける、オールインワンシャンプー(リンスインシャンプーをオサレに言うと、こうなるのねw)に手を出してみました。

 

サボリーノ 髪と地肌を手早クレンズ トリートメントシャンプー

価格:1,512円
(2018/9/5 12:20時点)
感想(0件)

正直に感想を書きます。

リンスインシャンプーにしては、しっとりしてまとまりが良いと思います。

早く乾くかどうかは、ちょっとよく分かりません。気分の問題じゃないでしょうか?

香りは、柑橘系メインで爽やかな感じです。

 

重複になりますが、ドラッグストアで売っているリンスインシャンプーよりは、きしみにくく,まとまりが良いです。

流石に、普通にシャンプー&コンディショナーをした時に比べると劣ります。

 

ですが、これから疲労困憊して帰ってくる日が増えそうな予感がするので、きっと毎日使うと思います。

それにしてもサボリーノって、なかなか良いネーミングですね(笑) ターゲット層は、私みたいなズボラ人間でしょうか?